ラベル 開発エピソード の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 開発エピソード の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年9月22日金曜日

【開発ウラ話】レスティロ ロッソ ジェイ

デザイン担当
阿波嶋貴大
企画開発本部 商品企画課
趣味:映画鑑賞(ガイ・リッチー監督作品)、読書(中村文則、原田マハ)、工芸(革、木工)


企画について

 当初は数量限定の企画としてスタートしました。
じっくり時間をかけながら、ユーザーニーズに応えられる製品をつくろうというコンセプトで2016年の秋頃から打ち合わせを始めたのですが、時間をかけるうちに開発企画規模が大きくなり、結局レスティロロッソの完全リニューアル企画となりました。
開発の進め方など反省点はいろいろありますが、生地の風合いや色味など、製品の出来栄えについて先方ご担当者様に満足していただたのが嬉しかったです。

従来製品との違い

「レスティロ ロッソ ジェイ」が、従来のレスティロロッソから大きく変わった点は、生地と機能です。
生地は杢調の国産生地を新規採用しました。これまでのリーマンにはなかった、柄生地です。
生地というのは1反50mの単位で数えられますが、原反は数千m、染色は数百mという単位で生産されます。つまり相応の販売数量が見込めなければ、おいそれと新しい生地は使えません。
また、赤ちゃんを乗せる製品ですから、リーマンでは材料の選定基準を厳しく設定しています。
だから新しい生地の採用は簡単ではありません。
生地の色移り、毛羽立ち、ほつれなどの強度まで基準を一つ一つクリアしなければ採用には至らないのです。特に今回の生地は今までのリーマンになかった「柄物」なのでいつも以上に大変で、染色と評価試験を何度もやり直してようやく採用にこぎつけました。
もともとアパレル向けに作られた生地だったので、飽きのこない感じで、家具や寝具のようなイメージでお使いただきたいです。

機能はフットクッションとキャノピーを追加しました。







また、デザインについては既存のレスティロを踏襲しながら新しいものを加えていくという「足し算のデザイン」で、既存部分と新しい部分のバランスを取るのに少し苦労しましたが、従来のシンプルさに「品の良さ」を加えられたと思います。


企画担当として思うこと

リーマンチャイルドシートの多くは国産です。それは私達の強みですが、店頭で国産の良さが伝わる製品でなければ選んでいただけません。
今回の杢柄の生地も国内で生産しているのですが、実際に触れていただいて、「なんかいいよね」と選んでいただければ本望です。


ご購入はこちらから



アカチャンホンポでは、マタニティ・ベビー・キッズ用品を多数取りそろえております。こちらのページでは、全国の店舗の場所や営業時間、開催されているイベントなどの店舗情報を簡単に検索できます。ぜひお近くの店舗情報をご確認ください!!



アカチャンホンポ ネット通販「オムニ7

マタニティ・ベビー・キッズ用品専門店のアカチャンホンポのネット通販サイトです。アカチャンホンポネット通販は、セブン&アイグループの「オムニ7」で、nanacoポイントが貯まったりセブンーイレブンでの店舗受取ができる便利な通販サイトです。