ラベル プレママ・プレパパ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル プレママ・プレパパ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年11月17日金曜日

プレママさんへ! 妊娠中にしておいた方がいいこと

こんにちは!
商品企画課のヨシマツです!

プレママさんは、赤ちゃんの誕生を楽しみに毎日過ごされているかと思います!
しかし、ゆったりした時間を過ごせるのも今のうち(笑)
赤ちゃんが産まれると、怒涛の日々がスタートしますっっ!!
出産後に後悔しないように、妊娠中にしておいた方がいいことをリストアップしてみました!




学資保険の加入、検討

妊娠中にも加入できます!じっくり考えなければならないことは出産前がおススメ!

乳管開通のマッサージ

出産後すぐに母乳をスムーズにあげられるようにするため、母乳相談室や自分でマッサージして開通させておくといいですね!
しかし、病院の先生に乳管開通してもいいか必ず聞くこと。体の状態によってはできない人もいます!

パパとの思い出デート

出産後はなかなかパパとゆっくりデートする時間ももてません。何か思い出になるような素敵なところへ連れて行ってもらいましょう!ただし、長距離旅行などは必ず病院に事前に相談される方がベスト!

歯のメンテナンス

つわりなどで歯磨きがつらい方もいるかと思いますが、ホルモンの関係で妊娠中は、口腔トラブルになりやすい時期です。歯医者のレントゲンはお腹から離れている&防護エプロンをするので、赤ちゃんには問題ないといわれています。今のうちにきちんとケアしておきましょう。歯医者の治療は1回で終わらないことが多いので、出産後では通うのがなかなか大変です。

マタニティフォト

臨月にスタジオで撮ってもらうのもいいですが、妊娠中期あたりから自宅の同じ場所・同じ服で横から撮っていくとお腹がどんどん膨らんでいくのがわかっておもしろいですよ!

友達との時間

パパとの時間同様、友達とランチやカフェに行くのもなかなか難しくなってしまいます。妊娠中に友達と行きたかった場所に行って楽しんでおくことがおススメです!

美容院で髪色戻し&カット

出産すると美容院に行けなくなる!と私も妊娠中に先輩ママから聞いて、なんで?? と思っていましたが、実際、本当にそうでした。。。
髪を染めていると、美容院にいけない期間に伸びきってプリン状態になってしまいます。髪色を戻しておいた方が、きれいに見えるかなと思います。
また、髪が長いと、髪の毛を乾かすのに時間がかかってしまいます。ゆっくりお風呂に入る時間も、髪の毛を十分に乾かす時間も残念ながらなくなってしまうので、ショートスタイルの方が便利ですよっ!

赤ちゃんが産まれると生活がゴロッと変わるため、準備できることや、今しかできないことをたくさんして、より充実したマタニティライフを送ってくださいね!(^^)


2017年11月13日月曜日

2017年はインフルエンザワクチンが不足!? プレママさんはお早めに!

こんにちは!
商品企画課のヨシマツです!

2017年はインフルエンザワクチンの製造量が少なく、供給不足になる可能性があるそうです。
インフルエンザの流行予測からウイルス株を決定した後に製造効率が悪いことが発覚し、違うウイルス株に変更したため、製造時期が遅れてしまったことが原因のようです。
今年、インフルエンザになったら大変っ!という方は、早めに接種した方がよさそうですね!

妊娠中は感染症が重病化するリスクが高くなる

妊娠中は感染症に対して弱くなっており、妊娠周期がすすむにつれ、重病化するリスクも高くなってしまいます。

妊娠中に予防接種できるの??と思いがちですが、できます!
(私も妊娠中にしました!)

インフルエンザワクチンには防腐剤として微量にエチル水銀が含まれているものと、含まれていないものがあります。
エチル水銀が含まれているものでも胎児に影響はないのですが、妊婦さんは含まれていない方を優先的に接種します。
成分が気になる方は定期検診などで通っている産婦人科で説明をしてもらって、予防接種を受けるのがおススメです!


赤ちゃんにも受け継がれるインフルエンザワクチン

妊娠中に予防接種することで、お腹の中の赤ちゃんにも胎盤を通じて効果が受け継がれます。生後6ヶ月くらいまではママからもらった抗体のおかげで、さまざまな感染症から身を守ることができます。

赤ちゃんは6ヶ月くらいまではインフルエンザの予防接種を受けることができません。
それまでの期間、抵抗力の低い新生児期に感染しないためにも、予防接種することをおススメします!


こちらのサイトも参考に


【2017年冬】インフルエンザワクチンが供給不足に?接種は1回厳守【Doctors Me】

妊娠中、インフルエンザの予防接種はすべき? 胎児への効果とは【ママ女医と娘の○○な日常 vol.16】

2017年10月5日木曜日

これから出産されるプレママへ! 出産前にした方がいいこと −お金編−

こんにちは!
商品企画課のヨシマツです!

妊娠すると、いろいろ気になってくるのが「お金」のこと!
今の保険を見直した方がいいのかな? 学資保険に入りたいけど。。。
それ、どちらも妊娠中にしちゃいましょう!




妊娠中でも学資保険には加入できます!

まずは無料の保険相談所などで見直しと学資保険。
両方一度に見てもらえると手間がなくていいですね。

■保険の見直し
今加入している保険の内容が、子どもがいる状況で額が不足していないか、または、かけすぎていないかの見直し。

■学資保険
保険に加入する方が銀行の利息より多くの返戻金がつくので、それが主なメリットです。

最近では「低解約返戻金型保険」を「学資保険」と同じ、教育資金の積立方法としておススメされることも多いです。

「低解約返戻金型保険」とは

途中解約すると返戻金が元本割れしてしまうというデメリットがありますが、「学資保険」より返戻率が高く、お金の受け取り方に自由度があったり、保護者の万が一の時の受取額が高かったりと、なにかとお得で人気なのがこの保険です。

私もこのタイプの保険に入りました!
国からの児童手当を、全てこの保険で積み立てています^^
いわば、生命保険なので、被保険者の年齢が若ければ若いほど、支払額が安くなる保険が多いので、もう少しで誕生日だ!という方は早く入ったほうが、少しお得になります(笑)

保険関係は気にはなっていたけれど、学資保険は赤ちゃんが産まれてからと思って後回しにしてたら、日々の忙しさにそれどころじゃなくなった。。という声をよく聞きます。
寝る間もなく、ゆっくりご飯を食べる間もない毎日の中で、どうしても優先順位は低くなってしまいますよね。
でもお金のことも、お子さまにとって、とても大切なことです!
まだ比較的自由に外出しやすい妊娠中に、検討されることをおススメします(^^)/


参考:学資保険の教科書 http://hokensc.jp/gakushi/s

2017年10月3日火曜日

プレママさんへ! 赤ちゃんの2016名前ランキング&名付けのヒント

こんにちは!
商品企画課のヨシマツです!

妊娠して、赤ちゃんの性別がわかると楽しみなのが、「名付け」ですよね!!

この間まで「キラキラネーム」といわれる個性的な名前が話題でしたが、

今は少し落ち着き「シワシワネーム」という古風で読みやすい名前がブームになっているようで、このような名前は採用面接などで有利になる傾向があるそうですよ!

2016年名前ランキング

(男の子編)
1位:悠真(ゆうま)
2位:陽翔(はると)
3位:朝陽(あさひ)

(女の子編)
1位:葵(あおい)
2位:さくら
3位:陽菜(ひな)



“ 名前は両親からもらう最初の贈り物 ” なんていいますが、なかなか責任重大で、我が家ではものすごく悩みました!

我が家での名付けの経緯は


  1. いいなと思う名前の響きを大量にリストアップ
  2. ↑これに漢字を当てはめる(名付け辞典やアプリ数種類を使って漢字のもつ意味・よい画数を点数化してリストアップ)
  3. 画数がよくない・漢字の意味がしっくりこない・呼びにくい・変なあだながつきそう・読みにくい・友人の子どもとかぶっている・40〜50代になったら似合わなさそうなものを却下
    →第一希望だった名前に当てはまる漢字がなく、あきらめることに。画数を考慮すると意外と使える漢字が少ないことにびっくり!!
  4. 両家の両親に候補を見せて意見をきく
  5. 候補が3つにしぼれたが、正解のない名付けの日々に疲れてきて、どれを選んでいいのかわからなくなる(笑)
  6. 旦那が夢の中で、子どものことを「〇〇」って呼んだ!という、ありがたい夢のお告げで3つの中からようやく決定!


決定打は、まさかの夢のお告げだったのですが、こんな風に育って欲しいという思いをストレートに漢字に託した名前だったので、2人とも「そうやね、この名前が一番やわ!」となりました!

名付けは楽しいですが、色々悩みすぎて疲れてしまうことも正直あります(笑)
そんな時は、「そもそも、どういう意味をつけたかったっけ?」と初心にもどると、すんなり決まるかもしれませんよ(^^)



2017年9月1日金曜日

パパの出産立会い した? してない?



こんにちは!
商品企画課のヨシマツです!

突然ですが、みなさんは出産時のパパの立会いをどうしましたか?
また、それをどうやって決めましたか??

なんとなく近頃の風潮から、立会いしている方が多いのかなぁ?と思い、
アンケートをとってみました!



パパが立会ったのは「約50%」

若い世代ほど、立会いの確率は高いという結果で、「立会いの予定だったが、状況によりできなかった」という意見も多く、希望していたのは50%以上だったのだと思います。

しかし「初めての出産で心細かったのに、パパが何の役にも立たなかった」というママからの意見もありました(笑)

みなさん、事前に夫婦で相談して、「する」「しない」を決めているようですが、いつなんどき、どういう状況で出産の兆候がくるか、誰にもわかりません。
予定通りにも、なかなかいきませんよね(^^;)


ちなみに我が家は、立会いしませんでした!
ですが、分娩室には一緒に入ってもらい、陣痛で痛い部分を、ずっとさすってもらって、いざ、いきむ時には旦那に出ていってもらいました!(笑)

旦那があまりそのような場面が得意でないのと、
私もなんとなく抵抗があったので。

出産が終わって、落ち着いたときに、鏡で自分の顔を見てみたら、なんか赤い、、なんで?と、よ〜〜〜く見てみたら、

顔、内出血しているっ!?

恐らく、いきんだ時に顔の毛細血管が切れたんだと思います。。

もちろんこんなことは初めてで、どんだけ壮絶な顔してたんやろうか。。と思うと、
やっぱり、そんな顔、旦那に見られなくてよかったと思いました(笑)

みなさんの立会い事情はどうでしたか?(^0^)