SOCIAL MEDIA

2017年6月13日火曜日

チャイルドシートとヘルメットの共通点

リーマン直営ネットショップ "sopo la bebe(ソポラべべ)" 担当のオオカタです。

リーマンは愛知県愛西市でチャイルドシートを作っている会社です。
自社商品だけでなくOEMやオリジナルモデルも広く手がけているので、リーマン製品と知らずに使っていただいている方も多いのではないでしょうか。





私の考えるチャイルドシートとは「ベビー用品」というより、ヘルメットやライフジャケットなどと同じ「事故や災害などから命を守る製品」です。
実際、リーマンのチャイルドシートにはヘルメットの内側と同じ素材を使っているものもあります。赤ちゃんを乗せるのに意外にクッションが固いと思われる方もいらっしゃいますが、ヘルメットの中がふわふわクッションだとどうなるかイメージしていただくと、固い理由もご理解いただきやすいのではないでしょうか。

ヘルメット内側と同じ衝撃吸収材「PPビーズ発泡」です。
ヘルメット内側と同じ衝撃吸収材「PPビーズ発泡」です。


チャイルドシートとヘルメットは、万一に備えて正しい使い方が求められるという点も同じです。
チャイルドシートについては残念なことに、6割以上のチャイルドシートがミスユースされているという調査結果が2017年2月に話題になりました。




このブログで、チャイルドシートを正しく使っていただくための豆知識、どんなスタッフがどんな想いでチャイルドシートを作っているか等々、色々な情報を配信していこうと思っています。
よろしくお願いいたします。


チャイルドシートと赤ちゃん





リーマン直営ショップsopo la bebe